留学から学べることは語学だけではない

将来は外国に就職をしたり海外勤務を希望するため高校生や大学生で留学をする人が増えています。

確かに、英語を本格的に学びたいのであればお金と時間を必要としますが、留学をして本場の語学を学ぶことが必要なのは間違いありません。

ですが、実際に短期間外国へ行って外国語を学んでもそれが将来的に使い物になるかといえばあまり考えられないでしょう。

たとえば3ヶ月間だけ留学をして帰国をしてもそれが即戦力でビジネスに通ずる語学能力なのかといえばそんなことはありません。

では、1年留学した場合はどうでしょうか。
もちろん個人の能力にもよりますが、1年程度では片言の外国語しかしゃべることができないでしょう。


なんとなくジェスチャーを含めて相手との基本的なコミュニケーションをとることができるだけで、言葉だけで日常生活だけでなく相手の国のルールに基づいてやりとりをするのは難しいと言えます。



ですが、それでもなお留学は重要と考えるのべきではないでしょうか。
外国へ行くのはその国の言葉を学ぶことが1番の目的です。ですが、外国へ行って学ぶことができるのは語学だけではないはずです。
たとえば、普段住んでいる日本の良さも再認識することができますし、逆に日本の悪い部分も気がついてしまうかも知れません。

留学情報の理解したいならこちらのサイトです。

また、文化の違いにより学ぶことも多いはずです。

少なくとも、ただ毎日を漠然と過ごして、つならないことに時間を使っている学生に比べれば得るものは10倍も20倍もあるのではないでしょうか。

All Aboutの知識を増やしてみませんか。